ネパール


 2004/5/13 1・スノウリ→バイラハワ
          2・バイラハワ→ルンビニ
移動手段  サイクルリクシャ
   
時間 1・12:30→12:50(20分) 
2・14:00→16:00(2時間)
費用 1・リクシャ1台、50NR(80円) 
2・リクシャ1台、250NR(400円)
   
1・ネパールに入ると、バンダ(ストライキ)の真っ最中で、旅行者はみんな移動手段がなく、ウロウロしていた。とりあえずルンビニまでのバスが出ているバイラハワに行ってみる。
 乗る前に料金の交渉をしていたのに、リクシャワーラーはお金を払うとき、「インディアンルピーだ」などと言ってきた。スノウリではよくあることのようなので、要注意。

 2・バイラハワには来てみたものの、やはりバスは走っていなかった。町の人に聞いてみると、リクシャで行けるという。明日になっても、バスは動かないようなので、リクシャで行くことにした。気温が40度近くある日中に、22qをリクシャで行くのはつらい。リクシャワーラーはもっとつらい。体力のある、若いリクシャワーラーを選んだ方がよい。
 写真はインドとネパールの国境、インド側から

 2004/5/16 ルンビニ→バイラハワ
移動手段  サイクルリクシャ
   
時間 2:30→15:00(2時間30分)
費用 リクシャ1台、200NR(320円)
   
いつまでたってもバンダが終わりそうになく、ルンビニにいては、バスが走っているのかどうか、わからないため、再びリクシャでバイラハワへ行くことにした。たまたま、近くにきたリクシャが200NRで行ってくれるというので乗ったのだが、少々お歳だったため、時間がかかった。

 2004/5/17 1・バイラハワ→チトワン州のどこか
       2・チトワン州のどこか→ポカラ
移動手段  公共バス
   
時間 1・7:30→14:30ころ(7時間) 
2・15:30→20:30ころ(5時間)
費用 1・バイラハワからカトマンドゥまで、ブラックマーケットで、400NR(640円)
正規料金は168NR(268.8円)
チトワン州のどこかで途中下車したため、90NR払い戻し
2・100NR
   
 バイラハワに来てみると、今日と明日だけカトマンドゥ行きの政府のバスが走る、という。本当はポカラに行く予定だったが、この際カトマンドゥでもいいか、ということになった。ただ、5日ぶりのバスが2日間しか運行しないため、チケットはもちろん売り切れ。立ち乗りだと言われた。おそらくバスはすごい混雑だろうし、カトマンドゥまで立って行くのはつらい。すると偶然あるホテルのフロントのおじさんが、闇チケットがあると言う。こういう時には、闇チケットが出回るのは当然だろう。

 翌日、バスは大混雑だった。政府のバスは3台。私達は座席の指定があったため、ゆっくりと座れた。ところが途中の山道でバスのエンジンがストップ。2時間くらい走ったころから調子が悪そうだったのだけど、ついに動かなくなった。(写真)そこで、通りかかったミニバスに乗せてもらい、とりあえず一番近い町まで行くことになった。そこは、どうやらチトワン州だということだけわかり、ここからポカラへバスが出てるという。チケットを払い戻し、ポカラ行きのバスを探すしていると、日本語を話せるネパール人に出会い、なんとかポカラ行きに乗車。偶然が重なり、ポカラまで辿り着くことができた。

 2004/5/28 ポカラ→カトマンドゥ
移動手段  ツーリストバス
(ヒマラヤオーバーランド社)
   
時間 7:30→15:30(8時間)
費用 250NR(400円)
   
泊まっていたホテルで予約。
バンダで3日ぶりにバスが運行。ツーリストバスは、きれいで乗り心地もよかった。カトマンドゥまでの間に検問が何度もあるが、ツーリストバスはスムーズに通過。カトマンドゥでは、タメル地区の近くの通りに着いた。

 2004/6/5〜6/9 カトマンドゥ→ダム→ラッツェ→シガツェ→ギャンツェ→ラサ
移動手段  ジープ
   
時間 カトマンドゥ6/5、5:30発→ラサ6/9、18:30着 
費用 125US$
(初日の朝食、4日分の宿泊費込み)
   
 カトマンドゥのタメル地区には、チベットへのツアーを扱っている旅行会社がたくさんあった。何件か話を聞いて、どこでも内容は同じ様だったので、一番安かった、EcoTreckInternationalに決めた。(隣にEcoTreckNepalという会社もあるが、まったく別の旅行会社)ツアーは基本的には土曜日出発だが、火曜日出発を扱ってる会社もあった。

 私達は中国ビザを持っていたのだけど、カトマンドゥから陸路でチベットに入るには、ツーリストビザでないと駄目と言われ、泣く泣く取り直すことになった。(飛行機でラサに飛ぶ場合は普通のビザで入国できるらしい)普通は、ツーリストビザとパーミットを収得するのに一週間かかり、26US$。私達は3日で取ってもらったので38US$払った。(詳しくはビザ情報で)

 この日ラサ行きは、3つのグループがあった。どこでツアーを申し込んでも、この3つのどれかに合流することになる。カトマンドゥから国境のコダリまではバスで5時間くらい。コダリで入国手続きを終えると、ネパール人ガイドからチベット人ガイドに交代する。入国後、10分くらい歩き、ジープに乗り込む。ジープはトヨタのランドクルーザー。ただし、私達の乗った車は、かなり古いタイプで乗り心地は悪かった。高山病は、私は2日目に少し頭と膝が痛かった程度、夫は移動中はずっと頭が痛かったが、ジープの揺れがひどかったせいもある。

 道中の景色は最高!詳しくは、中国の情報ページに載せますので、お待ちください。