チリ 11/4〜11/18
 


ボリヴィアから

 
2005/11/1〜4 ウユニ(ボリビア)→サン・ペドロ・デ・アタカマ(チリ)
移動手段
   ランドクルーザー+ミニバス
時間
 3泊4日
費用
 80US$→65US$(7280円)
*ウユニ塩湖のツアー代
 ウユニの町から参加したウユニ塩湖ツアーで、チリのサン・ペドロ・デ・アタカマへ抜けた。
  塩湖ツアーには、当日の朝申し込んで、その日の11時に出発した。(ツアーの詳しい内容は、後日、国別情報・ボリビアに載せます。)
  ボリビアの出国手続きをした後、国境で、チリ側からウユニ塩湖ツアーに参加した人達を乗せて来たミニバスに乗り込む。チリから来た人は、私達が乗ってきたランクル(写真)に乗り込む。チリから来たバスは、ピカピカでとってもきれい。更に、チリ側は道が舗装されていて感激。でも綺麗過ぎて、ちょっぴり寂しかった。
 
 
2005/11/6〜7 サン・ペドロ・デ・アタカマ→カラマ→サンチアゴ
移動手段
    バス(Frontera社)+
バス(Pullman社・サロンカマ)
時間
 12:00→13:30(1時間30分)+
14:30→翌12:00(21時間30分)
費用
 1000CP(211円)+25000CP(5275円)
切符は前日の昼に、サン・ペドロ・デ・アタカマのFrontera社のオフィスで購入(カラマ→サンチアゴのPullman社の切符もここで買える)。
  サン・ペドロからカラマまではたくさんのバスが走っている。カラマからサンチアゴも、おそらくたくさんのバスがあると思うが、サン・ペドロではPullman社かTurBus社の切符しか買えないようだった。Pullman社のセミカマは20000CP、TurBus社のサロンカマは34000CP、セミカマは20700CPだった。
  初めてのサロンカマは超快適!シートは横3列、縦も広々(写真)、枕と毛布を配ってくれ、夜にはカーテンを閉め、朝には開けてくれる・・・と、至れりつくせり。食事はちょっと貧相だったが、とにかく、21時間の移動を終えても、まだあと1日は余裕でバスに乗っていられるくらいだった。
  バスはサンチアゴのBorjaターミナルに着いた。
 
 
2005/11/10〜11 サンチアゴ→プエルト・モン
移動手段
  バス(Pullman社・セミカマ)
時間
 20:30→10:00(13時間30分) 
費用
 10800CP→9000CP(1899円)
 切符は前日の夕方、サンチアゴのBorjaターミナルで購入。前回のサロンカマがあまりにも快適で、今回も・・・と思ったけど、サロンカマは18000CPと倍の値段だったので、セミカマにした。
  私達はBorjaターミナルから乗ったが、Alamedaターミナルも経由した。
  セミカマの車内はサロンカマとは比べ物にならないが、それでも広い。サービスもとても良くて、今回も快適な移動だった。私達にはセミカマでも充分かもしれない。
 
 
2005/11/13 プエルト・モン→カストロ
移動手段
   バス(QueilenBus社)
時間
  9:45→13:30(3時間45分)
費用
  3700CP(780.7円)

切符は当日、バスに乗る直前にバスターミナルで購入。プエルト・モンからカストロへ行くバスは、Cruz del Sur社の方が本数が多いが、片道4300CP。ただし往復で買うと7600CPなので、片道3800CP。
バスはプエルト・モンを出発して約1時間後、港に到着。そこからバスごと船に乗り、対岸のチロエ島に渡る。アンクーを経由してカストロへ向かう。
 
 
2005/11/16 カストロ→プエルト・モン
移動手段
   バス(QueilenBus社)
時間
  11:00→14:30(3時間30分)
費用
  3700CP(780.7円)

切符は当日、バスに乗る直前にバスターミナルで購入。QueilenBus社のバスは本数が少ないので、出発時間をあらかじめバスターミナルで調べておいた方がいい。
来たときと同様、バスごと船に乗り海を渡る。
 
 
2005/11/18 プエルト・モン(チリ)→バリローチェ(アルゼンチン)
移動手段
   バス(Cruz del Sur社)
時間
  8:30→15:30(7時間)
費用
  10000CP(2110円)
 切符は2日前にバスターミナルで購入。バリローチェまでは1日に何社か走っているが、どこも値段は10000CPで同じだった。Condor社のバスは同額でセミカマだったので、これに乗ろうと思っていたが、2日後のバスは満席だった(水・金・日の運行)。
私達の乗ったバスはCruz del Sur社のカウンターで買ったが、バスの車体の名前はBusNorteと書いてあった。このバスもなかなかいいバスだった。
 

アルゼンチンへ

旅のルートTOPに戻る

一番上に戻る