ボリヴィア 10/20〜11/4
 


ペルーから

 
2005/10/20 プーノ(ペルー)→コパカパーナ(ボリビア)
移動手段
  ツーリストバス
時間
 7:30→11:30(4時間)
費用
 s/.10(335円)
切符は前日の午前中に、泊まっていたマンコカパックホテルから市場の方に歩いていった右手にある旅行代理店で購入。
  当日、7時10分に旅行代理店の前に行き、タクシーでバスターミナルへ向かった(タクシー代は旅行代理店負担)。バスは狭くて古い、しかも遅い。それでも時間通りに到着した。
  ペルー出国、ボリビア入国ともスムーズで、特に問題はなかった。ボリビア入国時(なぜか日本人だけ)パスポートのコピーが必要。30日滞在可能のスタンプがもらえる。(写真はボリビア側のイミグレーション)
  ペルーのお金”ソル”からボリビアのお金”ボリビアーノ”への両替は、ペルー側の国境の道端の両替屋が一番レートがよかった。
 
 
2005/10/21 コパカパーナ→ラ・パス
移動手段
  バス(MancoCapac社)
時間
 7:00→10:30(3時間30分)
費用
 15Bs(208.5円)
切符は前日の夕方、2月2日広場のまわりにあるMancoCapac社のオフィスで購入。当日に買えば、もう少し安くなるかもしれない。
  バスはスクレ広場から出発。時間帯によってはミニバスだったりするけど、私達の乗った朝一のバスは大きいバスで、荷物を車体の下の荷物入れに入れられたので、ちょっと安心だった。
  バスからはチチカカ湖が右に左に見え、景色はとってもきれい。遠くには雪山も見えた。途中でチチカカ湖を渡るが、その際、バスから降りて1.5Bs払って渡し舟に乗らなければならない。バスはバス専用の渡し舟で渡る(写真)。
  ラ・パスではセメンタリオという場所に到着する。セントロまでコレクティーボでも行けるが、ちょっとわかりずらい。タクシーでセントロのホテルまで8Bsだった。
 
 
2005/10/27〜28 ラ・パス→ポトシ
 
移動手段
  バス(EL DORADO社セミカマ)
時間
 20:30→翌8:00(11時間30分)
費用
 40Bs(556円)+10Bs(139円)
切符は当日の朝、バスターミナルで購入。前日に50Bsだった切符が当日は40Bsで買えた。ポトシまでは数社のバスが走っており、夜行が多い。値段はバス会社によって違うが、だいたいセミカマが50Bs、ノーマルが30Bsだった。
  バスの中は暖房が効いていて、フットレストも付いていて快適だったが、なんと朝4時ころバスが故障!状況がよくわからないまま、他の人にならって外に出ると、みんな後続のバスに頼んで乗らせてもらっていた。かなり出遅れたけど私達も荷物を持って並び、なんとか違うバスに乗り込むことができた。乗せてもらったバスは、当然この故障とは無関係なので、10Bs払うことになった。
  ラ・パスのバスターミナルにはスリがいるので注意が必要!
 
 
2005/10/31 ポトシ→ウユニ
移動手段
   ミニバス(DianaTours社)
時間
  11:00→17:00(6時間) 
費用
  30Bs(417円)
切符は前日の夕方、Antofagasta通りを下った線路沿いにあるDianaTours社のオフィスで購入。当日に買うと25Bsで買えるが、その場合早めに買いに行ったほうがいい。
噂通り道は悪かったけど半分くらい寝ていたので、あまり辛くはなかった。途中一度、15分くらいの休憩があった。
ウユニに着くと、塩湖ツアーの客引きがたくさんいる。
 

チリへ

旅のルートTOPに戻る

一番上に戻る