アルゼンチン2 12/21〜2006/1/9
 


チリ2から

 
2005/12/25 カラファテ→ブエノスアイレス
移動手段
   飛行機(アルゼンチン航空)
時間
 10:46→13:42 (2時間56分) 
費用
 294.07AP(11351.1円)
 12月17日にウシュアイアのアルゼンチン航空のオフィスで12月26日の夜便を予約した。支払いは2日前までにすればよく、お金を払って発券してもらうまではキャンセルも可能。日にちや便の変更は発券してもらった後でも無料でできる。12月23日にカラファテのアルゼンチン航空のオフィスに行ったところ、25日の昼便が空いていたので(17日の時点では空いてなかった)そちらに変更して発券してもらった。支払いにはクレジットカードが使える。
12月の国内線は混んでいるが上記のように無料で変更できるので、希望の日や便が空いてなくても、とりあえず予約を入れておいて、2日前くらいに空きがあるか再度確認すると空きが出ていることもあるかもしれない。空席の確認は電話でもできる。アルゼンチン航空のオフィスは、カラファテ、ウシュアイア、バリローチェとも、町の中心部にあって便利。
カラファテの空港までは、シャトルバスで1人12AP。タクシーは1台28AP。シャトルバスはホテルまでピックアップに来てくれるが、遅れることが多い。
飛行機はカラファテの空港を離陸した後、ペリト・モレノ氷河の上空を通過した。アナウンスがあったが、左側に座っていた私達には見えず残念と思っていたら、なんと飛行機がペリト・モレノ氷河上空で旋回!旅客機なのに!!ちょうど12月25日だったので、機長さんからのクリスマスプレゼントだったみたい。天気は快晴で、とっても綺麗だった(写真)。上空からのペリト・モレノ氷河を満喫した後は、機内で拍手が沸き起こった。その後もたくさんの氷河や山の上を通過し、今まで乗った飛行機からの眺めの中で一番綺麗だった。さらにクリスマスプレゼントでシャンパンとパンケーキも配られ、大満足だった。
 
 
2006/1/9〜10 ブエノスアイレス→サンパウロ(ブラジル)→チューリッヒ(スイス)
移動手段
   飛行機(ルフトハンザ航空)+
飛行機(スイス航空)
時間
 12:20→15:50
(1時間の時差があるので2時間30分)+20:30→11:00
(3時間の時差があるので11時間30分)
費用
 1440US$
(ブエノスアイレス発チューリッヒ経由東京行き片道の航空券の値段)+
18US$(ブエノスアイレス・エセイサ空港税)
航空券はブエノスアイレスにある日系の旅行会社・NEW JAPAN TRAVELで2週間くらい前に購入。
  まず、ヨーロッパ行きの航空券を探し回ったけど、この時期はどこも高かった(一番安かったのがアリタリア航空のオフィスで聞いたブエノスアイレス発リスボン行きの航空券だったがそれでも900US$くらいした)。EU圏へ行くにはEU圏内から出る航空券を持ってないといけない。私達はヨーロッパから日本に帰るつもりだったので、ヨーロッパ経由の日本行きを聞いてみたところ1300US$くらいと言われ、EU圏出国の航空券を手配するのも面倒なので、決めてしまった。結局1440US$だったが、まあ妥当なところだったと思う。
  ちなみに安い時期ならヨーロッパ行きは500US$くらいでもあるらしいし、ヨーロッパから日本への片道航空券は400ユーロ前後から買える。ブエノス発ヨーロッパ行きが安くなるのは3月と言われた。
  ブエノスアイレスのセントロからエセイサ空港までは路線バスで安くも行けるが、私達はAv.E.Maderoのシェラトンホテルの隣にあるManuelTiendaLeonという会社のリムジンバスを利用した。25AP、45分。
  ブエノスアイレスからサンパウロまではルフトハンザ航空だった。飛行機がなかなか離陸しないな、と思っていたら、ブエノスの空港のコンピュータートラブルで、ダブルブッキングが続出していた。私達の席はなんと3人も同じ席番号の人がいた。で、めでたくサンパウロまでビジネスクラスで行けちゃいました。フライトは1時間ほど遅れた。ルフトハンザはエコノミーでもシートが広めだったので、ビジネスはもちろん広々快適。食事もビジネスクラスのもので、とっても美味しかった(写真)。
  サンパウロの空港はブエノスアイレスに比べて免税店が品薄で、待ち時間はちょっと退屈だった。
  サンパウロからのスイス航空は、ルフトハンザに比べるとシートはやや狭かったが、パーソナルテレビが付いていてゲームもできた。食事はまあまあ。飲み物のサービスが充実していた感じだった。
  チューリッヒ空港の入国審査では「スイスに何日間滞在するか?」と聞かれただけだった。EU圏内ならわかるが、南米から来たというのに、パスポートにスタンプも押さない(お願いして記念に押してもらったが)。こんなんでいいのか!?
 

スイスへ

旅のルートTOPに戻る

一番上に戻る