GUATEMARA 2005. 9/2〜9/6・9/8〜9/19
 

 
 

 
MONEY  1Q(ケツァール)=約14.93円

 グァテマラで買った物の値段
 
水(スーパーにて) 600ml 1.85Q
ペプシコーラ
(スーパーにて)
600ml
3.55Q
バナナ(市場にて) 4本
1Q
ビックマックセット
(マクドナルドにて)
1セット
30.75Q
日本までのエアメール 葉書1枚 8Q
リンス(パンテーン) 400ml 27.95Q
ニベア 125ml+50ml 22.95Q
腕時計の電池交換 1回 20Q
 
 物価は、メキシコに比べると、随分安く感じる。
 安めの食堂でご飯を食べると10Q前後、屋台で食べれば5Q前後で食べられる。
 お土産は思ったより安くなかった(ちょっと期待しすぎていたせいもあるが)。安く買うならパナハッチェルがいい。ただし、お店では、あまり値引きはしてくれなかった。大量に購入したり、露店で買えば値引きも可能。

両替
 フローレスではサンタ・エレーナ地区に銀行がいくつかあったが、フローレス島にはなかったように思う。両替はインターネット屋やホテルなどで可能。ホテル・ポサダ・タヤサルの隣りにあるインターネット屋の両替率がよかった。ATMはサンタ・エレナ地区の銀行にあったが、マシンが壊れていたのか?お金を引き出すことができなかった。
 アンティグアでは、中央公園のまわりに銀行がある。両替屋もある。Banco de America CentralとBancafeのATMにPLUSの表示があった。ただし、一度に引き出せる額が3000Qだった。
 グアテマラシティーのMarriotoホテルにあるATMでは1000US$くらい一度に引き出せるらしいが、未確認。

 

 
HOTEL
料金の欄の→の後ろはディスカウント後の価格

フローレス    2005/9/2〜2005/9/5
HOTEL MAYAB

住所 Calle30deJunio#25 CiudadFlores
TEL (502)79260-494
FAX (502)7926-3411

フロントのお姉さんが明るくていい感じだった。
湖に面していない、シングルベット×2の部屋は最初から80Qだったが、湖ビューの部屋を80Qにしてくれた。もちろん眺めは最高!
毎日部屋を掃除してくれるし、部屋は広いし、快適だった。
行き方:サンタ・エレーナ地区からフローレス島へ行く橋を渡って左に進み、Calle30deJunioを右に曲がり、すぐ左手。
料金:シングルベット×3、トイレ・シャワー付き、湖ビュー:100→80Q
設備:ホットシャワー、ファン付き、タオル・石鹸・トイレットペーパーあり、洗濯場あり

チキムラ    2005/9/6・ 2005/9/8
OTEL Posada Dona

TEL 74424956

商売っ気のないオバちゃんと、その家族で経営しているホテル。
建物は中庭を囲む作りになっていて、かわいい感じ。
部屋にトイレとシャワーが付いているのだが、ドアがなく、ペラペラのカーテンがあるだけなので、見えてしまう・・・。
行き方:バスターミナルから中心地の方に向かってあるき、一つ目の交差点(HotelVictoriaがあるところ)を右に曲がり50mくらい進んだ右手。一見入り口はホテルに見えないが建物の上の方に看板が出ている。
料金:シングルベット×2、トイレ・シャワー付き:60Q
設備:水シャワー、扇風機・テレビ付き、タオル・石鹸・トイレットペーパーあり

アンティグア    2005/9/9〜2005/9/10
SORRY
NO
PHOT
ペンション田代

住所 Calzada Santa Lucia,Pasaje Matheu 11A
TEL (502)832-1644

アンティグアで有名な日本人宿。スペイン語学校に通っている人が多数泊まっていた。
共同の洗濯場は広くて使いやすい。キッチンは使わなかったのでわからず。
日本食の食材も売ってくれるよう。
インターネットも完全日本語なので、使いやすかった。
行き方:Alameda de Santa lucia通りから5aCallePonienteと6aCallePonienteの間を入って行った右手。ドアのところに11Aと書いてある。
料金:シングルベット×2、トイレ・シャワー共同:11US$
設備:ホットシャワー、洗濯場・共同キッチンあり、日本語の本・情報ノートあり、
日本語インターネットあり(1時間6Q)

アンティグア    2005/9/16〜2005/9/19
HOTEL Casa del Huesped

住所 AlamedaSantaLuciaNorte#16
TEL 8323422
ペンション田代は確かに快適だったけど、ダブルの部屋に泊まりたい私達にとっては、ちょっと高かったので、パナハッチェルから帰ってきた時に探したホテル。
部屋数が少なく、静かな感じがいい。
初日はダブルベット×1の部屋が空いていなくて、一階の広い部屋(写真)を使わせてもらったが、翌日ダブルベット×1の部屋に移動。それでも広さは充分だった。
行き方:Alameda de Santa lucia通りを市場の前から北に進んだ左手。
料金:ダブルベット×1、トイレ・シャワー共同:60Q
設備:ホットシャワー、トイレットペーパーあり

サン・ペドロ・ラ・ラグーナ    2005/9/11〜2005/9/12
HOTEL Mansion del Lago
何のアテもなくサン・ペドロ・ラ・ラグーナに到着し、歩いていたらすぐ目の前にあったホテル。かなり綺麗だったので、高いだろうな〜と思ったけど、一応部屋を見せてもらったところ、綺麗な割には安かったので、すぐに決めてしまった。サン・ペドロ・ラ・ラグーナにはもっともっと安い宿がたくさんあるとは思うが、久しぶりのトイレ・シャワー付きの部屋で、部屋の前に籐のイスが置いてあったりして、ゆっくりするにはよかった。
行き方:船着場から坂を上がって、最初の十字路を超えた左手。
料金:シングルベット×2、トイレ・シャワー付き:70→60Q
設備:ホットシャワー、タオル・石鹸・トイレットペーパーあり

パナハッチェル    2005/9/13〜2005/9/15
HOSPEDAJE MONTUFAR

住所 PrimeraCallePeatonal2-52 Zona2
CallejonElCapulin
TEL 762-0406

結構高い宿が多いと感じたパナハッチェルでは、かなりお得なホテルだったんじゃないかと思う。
部屋とベットはちょっと狭いが、宿泊客も少なく、共同シャワーも他の人を気にすることなく使うことが出来た。
なお、パナハッチェルの日本人宿の村岡さんが現在、新しく宿を建設中とのこと。完成したらきっと居心地のよい宿ができるのでは?と思う。
行き方:海からCalleSantanderを北に進み、CallePrincipalに出る少し前の小道を左へ入り、少し進むと右側に更に細い道があるので、そこを入って行って突き当りの1つ手前
料金:ダブルベット×1、トイレ・シャワー共同:50Q
設備:ホットシャワー、屋上に洗濯物が干せる

 

 
FOOD  

メキシコに引き続き、グアテマラでもトルティーヤが主食。メキシコよりも生地が厚く、モサモサしているが、私はグアテマラのトルティーヤも好き。

 グアテマラ料理  
     朝ご飯

グアテマラはメキシコ同様、トウモロコシの粉で作ったトルティーヤが主食。
レストランの朝ご飯でよく見かけるこのセットは、トルティーヤにチーズ・スクランブルエッグ、小豆?のペーストが付いてくる。一見合わなそうに見える、この3種類の具を混ぜてトルティーヤと一緒に食べると意外に美味しかった。
     ぺピアン

 グアテマラ風シチュー。
 見た目からはビーフシチューのようなマイルドな味を想像するが、実際はかなりスパイシー。
 お店に寄って味が違うので食べ比べてみるのも面白いかもしれない。好き嫌いの分かれる料理だと思う。
     ププーサス

 チキムラでこれに出会ってから、私達はすっかりププーサスのとりこだった。
 トルティーヤに酢漬けの野菜を刻んだものをのせ、ちょっと辛いソースをかけて食べる。トルティーヤにチーズが挟んであるものもあった。何個でも食べられる美味しさ!

 マヤ料理


 歩き方にも載っているフローレスのレストラン、La Mesa de los Mayasで食べたマヤ料理。
 アルマジロ・シカ・牛の頭・七面鳥などの肉がドーンと出てきた。
 これ一皿で3人前くらいの量があるが、値段は150Qとかなり高かった。せっかくだから・・・と清水の舞台から飛び降りたつもりで食べたのだが、特別美味しいものではないし、珍しいものと言えばアルマジロくらいなので、食べる価値があるかどうかは微妙。

 フローレスの美味しいお店
 フローレス島の教会から東に下りていって、ホテル・ミラドール・デル・ラゴのある道沿いにある、すいかという日本食屋さん。久しぶりの巻き寿司に感動した。冷やし中華はイマイチ。結構欧米人も来ていた。日本語の本も置いてある。
 丘の上の中央公園には、ブリトーなどを売っている屋台がある。

 チキムラの美味しいお店
 中央公園のまわりにある、カウンター式のププーサス屋さん。メチャメチャ美味しい!
 私達が泊まっていたOTEL Posada Donaの向かいに、中国人経営のカキ氷屋さんがあった。氷の上に自家製っぽいソースがかかっていて美味しい。

 アンティグアの美味しいお店
 歩き方にも載っているカフェドーニャ・ルイサ。雰囲気がいい割に値段は手ごろだった。コーヒーはお代わりをくれる。
 バスターミナルを出たところ、5aCallePoniente沿いに夕方から屋台が並ぶ。ププーサスや、トウモロコシの粉で作ったお粥?(アトゥール)が食べられる。地元の人で混んでいるお店が美味しい。

 サン・ペドロ・ラ・ラグーナの美味しいお店
 船着場付近で、先住民のオバちゃんらしき人たちが、パンケーキを売っている。イチゴパンを買ってみたが、本物のイチゴを混ぜて焼いたような感じで美味しかった。
 船着場から村へ真直ぐ上って行くと、道端でフレッシュジュースを売っている。

 パナハッチェルの美味しいお店
 お昼ころ、CalleSantanderとCallePrincipalの交差点付近に、お弁当屋台のようなものが出ていた。安くて美味しくてボリュームもある。
 CalleSantanderを湖の方に進んで、右手にあるチェーン店っぽいタコス屋さん。野菜のトッピングが自由にできてお得。味も美味しかった。

 

 
 

グアテマラでは、下に挙げた場所以外に、たくさんの村を訪れました。私達が訪れた村々は、次のSPECIALでまとめてご紹介します。


  ティカル遺跡(フローレス)  ★★★★☆
 入場料、50Q。フローレスから旅行会社のバスで、片道約1時間半、往復50Q。私達は泊まっていたホテルで申し込んだ。バスは1日に何往復かしていて、好きな時間に乗ることができる。行きは一番早い5時発のバスを選んだけど、バスが来たのは5時40分だった。ホテルまで迎えに来てくれる。帰りは15時のバスで帰ってきた。
 遺跡に着く20分くらい前のところにチケット売り場があった。バスの駐車場の近くにレストランがあり、朝食など食べることができる。遺跡内には食べるところがない(飲み物は売っていた)。
 ティカル遺跡は、マヤ最大の神殿都市というだけあって広い。グラン・プラサ周辺以外はジャングルの中の道を歩く。遺跡だけじゃなくて、このジャングルも面白い。朝一には、樹の上を野生の猿が歩いているのを見かけた。他にも、鳥や小さいイノシシのような動物をたくさん見かけた。
  レコレクシオン修道院(アンティグア)  ★★★☆☆
 入場料、30Q(学割で15Q)。学生証の提示は求められなかった。
Alameda de Santa Luciaを北へ進み、1CallePonienteを右へ曲がると見えてくる。
アンティグアを襲った大地震で崩れてしまった修道院をそのままの形で見ることができる。崩れた大きな壁がゴロゴロ転がっていて、地震の凄さを感じることができる。
  メルセー教会(アンティグア)  ★★☆☆☆
 噴水のある広場への入場料、3Q。
レコレクシオン修道院から1CallePonienteを東に進んだところにある。
噴水は水は出てないし、フーンっていう感じだった。教会の正面の装飾がとっても綺麗。
  十字架の丘(アンティグア)  ★★☆☆☆
 入場料、無料。
アンティグアの中央公園の近くにある観光警察から警察官が同行して連れて行ってくれる。私達は15時出発のに参加したが、午前中にも一度あるらしい。十字架の丘付近は、強盗などが出て危険らしい。私達が行ったときには、地元の人もたくさん登っていて、本当に危険なのかな?と思ったけど、グアテマラでは強盗事件というのは日常茶飯事なので、警察官と一緒に行ったほうが無難だと思う。
丘まで片道30分。丘からの眺めはとても綺麗。

 

 
グアテマラには先住民の住む村がたくさんあるというので訪れてみた。それぞれの村ごとに違った民族衣装があって、どこの村の衣装も綺麗なので楽しい。当然と言えば当然だが、実際の生活は大きな町ともそれほど変わらない。


  SanPedroLaLaguna(サン・ペドロ・ラ・ラグーナ)
 パナハッチェルの船着場(湖に向かって右側)から船で30分、15Q(外国人には20Qと言ってくる場合が多く、なかなか値切れないこともある)。ヒッピー系の旅行者も多く、物価は安い。スペイン語学校もあった。
船着場から坂を上がって行ったところが町の中心。夕方にはカテドラルに村人が集まっていた。カテドラルの裏に市場があり、朝は賑わっている(写真)。
のんびりできるところなので、何日か滞在するのもいい。

  SanAntonioPalopo(サン・アントニオ・パロポ)
 パナハッチェルの市場近くから乗合トラックで30分、3.5Q。サン・カタリーナ・パロポまでしか行かない乗合トラックもあるので、その場合は乗り換えが必要。サン・カタリーナ・パロポからは15分、2Q。教会の前が終点。
さらに先のアグアス・エスコンディードという村の景色が綺麗だと聞いたので歩いて向かったが、結構遠そうなので途中まででやめて帰ってきた。歩いている途中の景色だけでもとっても綺麗だったので満足。畑仕事をしている人たちにも出会える。通りすがりに、みんな話し掛けてくれるので楽しい。
教会の前からの景色もよい。
道で織物を売っている女性をたくさん見かけた。歩いていて声を掛けられたので家にお邪魔してみると、機織り機を見せてくれた。パナハッチェルで買うよりも安く買えると思う。
写真は教会の前にいた村人。

  SantaCatarinaPalopo(サンタ・カタリーナ・パロポ)
 パナハッチェルの市場の近くから乗合トラック(写真)で15分、2Q。途中の景色が綺麗。
小さな村だけど、お土産屋も何軒かあった。食堂もあって、安くご飯が食べられそうだった。
温泉があるそうだけど、あまり歩き回らなかったので、よく分からなかった。

  SantiagoAtitlan(サンチアゴ・アティトラン)
 パナハッチェルの船着場(湖に向かって左側)から船で1時間、往復30Q(最初40Qと言ってきたが、それじゃあ乗らないと言ったら値下げしてくれた)村人の乗る船だと10Qらしいが時間がかかる。ツアーの船のようで、現地滞在時間は1時間半だった。
行きの船は、2つの火山の間をめがけて進んで行くので、なかなかいい景色が見られる。
船着場(写真)から町まで、お土産屋がずらりと並んでいる。金曜と日曜に定期市が開かれるらしいので、それに合わせて行く方がいいと思う。私達は木曜に行ってしまい、見るところもなく暇だった。

  Solola(ソロラ)
 パナハッチェルからチキンバスやピックアップで行ける。私達はアンティグア、パナハッチェル間のバスで通り過ぎただけ。
火曜、木曜、金曜に定期市が開かれるので、それに合わせて行くと楽しいと思う。火曜は古着市もあるらしい。
ソロラの男性の民族衣装がとっても綺麗(写真)と聞いていたので、バスの中から衣装を見ることができてよかった。
ソロラ、パナハッチェル間は湖がとっても綺麗に見える。パナハッチェル行きは右側の席がよい。

  SanAntonioAguasCalientes(サン・アントニオ・アグアス・カリエンテス)
 アンティグアのバスターミナルからチキンバスで20分、2.25Q。サン・アントニオ・アグアス・カリエンテス行きのバスに乗ったけど、終点で降りたら違う村だった。終点の1つ手前の村がサン・アントニオ。
公園の近くにお土産屋の大きな建物があり、ここの名物の”裏も表も同じ模様が出る織り方”で織った布をたくさん売っている。実際に織っているところも見ることができた(写真)。

  SantaMaria deJesusu(サンタ・マリア・デ・ヘスス)
 アンティグアのバスターミナルからチキンバスで30分、3Q。
日曜日だったせいか、閉まっているお店も多く、ひっそりした感じだった。
アグア火山の麓で山が綺麗に見えるらしいが、曇っていたのでよく見えなかった。
写真は、市場付近の様子。

  SanFelipe deJesus(サン・フェリペ・デ・ヘスス)
 アンティグアのバスターミナルからチキンバスで10分、1Q。バスは遠回りするので、歩いてもすぐ。帰りは歩いて帰ってきた。
ガイドブックに郷土料理のレストランがたくさんあり・・・と書いてあるとおり、レストランはたくさんあった。レストランの客引きの人もいた。入ってないので味はわからない。
かわいい教会(写真)があり、その前にお土産屋が並んでいるが、あんまり興味を引くものはなかった。

 

 
  

  アンティグアで小包を送る
 アンティグアの郵便局で小包を送ろうと思ったら、1kgまでで180Q、4sまでで480Q、(2sまでという設定はあったと思うが、2s以上は4sの値段になってしまう)と高かったのでやめて、ペルーから送った。ペルーからの方が安い(詳しくはペルーの情報のOTHERの項を見て下さい)。

  アンティグアの旅行会社
 ペルー行きの航空券をLaxTravelAntiguaという旅行会社で買った。学生料金の航空券を扱っている。ここよりも若干安い旅行会社もあったが、国際学生証を作ってくれるというので、ここでお願いした。国際学生証を作る手数料は25US$。自分で作った方がもちろん安い(10US$くらいで作れるらしい)。
 住所は3a.CallePte.No.12,Local 3 LaAntigua、電話番号は7-832-1621/7-832-2674、メールは、laxantigua@intelnet.ne.gt。
 対応は親切だった。
 クレジットカードで支払う場合、5%の手数料を取られる。

  グアテマラの国際空港
 グアテマラの国際空港はグアテマラシティーにあるが、グアテマラシティーは治安が悪く行きたくない人も多いと思う。
 アンティグアと国際空港の間には旅行会社のシャトルバスが1時間に1本くらい走っていて、料金も5US$〜と手ごろなので便利。
 タクシーは旅行会社でお願いして、1台25US$だった。

  グアテマラのお土産
 グアテマラは民芸品天国。カバンやお財布、織物などたくさん売っている。アンティグアにもお土産屋さんはたくさんあるけど、パナハッチェルに行くならパナハッチェルで買った方が安い。ただし織物などは、気に入った物がどこにでもあるとは限らないので注意。
 マヤ文明などの遺跡関係のお土産は、アンティグアやパナハッチェルにもあるけど少ないし高い。フローレスで探す方がいいと思う。メキシコにも行くなら、メキシコの方が安くて種類も豊富。

旅の情報TOPに戻る
一番上に戻る