ギリシャ


 
8月29日(日)ザキントス島 

 今日は、昨日のShip Wreckに上陸して泳げる、というAround Cruiseに参加することにした。9時半にザキントスタウンの港を出た船は、Ship Wreckを目指して島の周りを進む。海はとってもきれいだし、海から見る島もなかなか面白い。Ship Wreckで一泳ぎした後、大きな洞窟に入っていったり、途中の海でまた泳いだりしながら、ザキントスタウンに戻った。ザキントス島の名物の1つに亀がある。島に国立公園になっている海があり、ウミガメが生息しているらしい。タウンに戻る途中にその国立公園を通ると、なんとウミガメに遭遇。かわいい顔を水面から覗かせていた。夜はホテルのテレビでオリンピックの閉会式を観た。

 
8月28日(土)ザキントス島 

 50ccのバイクを1台借りて、私が見た写真の場所、Ship Wreckに行ってみることにした。海岸沿いの道からは、きれいなブルーのイオニア海が見え、山道にはオリーブの木が立ち並び、気持ちよく走れた。肝心のShip Wreckのある場所はわかりずらく、何度かUターンを繰り返し、やっと到着。島の先端からShip Wreckを見て感激!ここって宮崎アニメの”紅の豚”に出てきた、マルコの住んでいた場所にそっくりだと思う。そのうちホームページにも写真を載せよう。大満足で、Ship Wreckを後にして、寄り道しながらザキントスタウンへ帰ってきた。

 
8月27日(金)アテネ→ザキントス島 

 ギリシャで、私が行きたかったところ、ザキントス島へ向かう。アテネからは直通バスが出ていた。ピルゴスの近くにあるキリーニという港からザキントス島の港まではフェリーに乗る。乗ってきたバスもフェリーでザキントス島に渡り、ザキントスの港からは、またそのバスに乗って町まで行く。ザキントス島はイオニア海に浮かぶ小さな島。あるホームページでザキントス島の一枚の写真を見てから、ずっと来たいと思っていた。ギリシャと言えばエーゲ海だけど、イオニア海もとってもきれいな海だった。「静かな島ですよ」と言われていたのだけど、ギリシャ人を含め、ヨーロッパからの観光客もたくさんいた。

 
8月26日(木)アテネ 

 ホテルが思ったより居心地がよかったし、せっかく来たのだから、と奮発してもう1泊アテネに泊まって、オリンピック気分を味わうことにした。街中には、オリンピックグッズを扱うお店が並び、大きな国旗をかぶったり、顔にペインティングしたりしている人が行き交い、見ているだけでも楽しい。カフェやファーストフードなどには、テレビを置いていてオリンピックの競技が見れるようになっている。スタジアムの近くではいろいろなイベントもやっていた。夜遅くまで、街は賑わっていた。

 
8月25日(水)テッサロニキ→アテネ 

 いよいよアテネに向かう。アテネまで列車で7時間。列車は、山の間を縫うように走り、トンネルをいくつも抜け、たまに車窓からエーゲ海が見えたりして、いつまで見ていても飽きなかった。アテネのラリッサ駅に到着し、アテネの中心部である地下鉄のオモニアへ行くと、一気にオリンピックムード満点になった。まずは宿探し。テッサロニキでは、いとも簡単に見つかったのだが、アテネでは大苦戦。探しまわった結果、一番安かったのが140ユーロ(18900円)!これだけあれば、アジアで何日暮らせるだろう・・・と考えてしまう。そして諦めかけた時に見つけたのが、あるホテルの屋上。それでも1人35ユーロもするのだけれど、この際しょうがない。屋上に簡易ベットを運んで、シーツもきれいなものをくれて、シャワーもトイレも屋上にあるし、ないのは屋根だけ。夜はライトアップされたアクロポリスを正面に見ることができた。この日も観たかった、女子バスケのクォーターファイナルのチケットを手に入れ、オリンピックのメインスタジアムへ行き、聖火も見ることができた。

 
8月24日(火)テッサロニキ 

 朝早くテッサロニキ駅に到着した。思ったより賑わっていないな、というのが最初の感想だった。ほとんどの競技が、アテネの近くで行われているせいかもしれない。早速チケットを探しに出かけた。街を歩いていて、オリンピックのオフィシャルスポンサーである”アルファBANK”を見つけたので、中に入って「チケットはどこで買えますか?」と聞いたところ、「ここで買えるよ」とのこと。銀行でもチケットを売っていた。私達の観ようと思っていた、男子サッカー準決勝は、チケットがたくさんあまっていた。イラクVSパラグアイの試合だった。テッサロニキには泊まらず、最終のアテネ行き列車に乗ろうと思っていたけど、列車のチケットが取れず、テッサロニキに1泊することになった。インフォメーションで教えてもらったホテルは、1泊25ユーロとそれほど高くなく、ホッとした。初めて見るオリンピック会場。観客は少なかったけど、独特の雰囲気があって、とっても楽しかった。日本の国旗を挟んで、イラクの国旗とアメリカの国旗がはためいていた・・・。


 


一番上に戻る