ベーリーズ
 
9月1日(木) <キー・カーカー→ベーリーズシティー>
船着場の子供たち
 50US$もビザ代払ってもったいないかなとも思ったけど(セコイ?)ベーリーズはもういいや、ということになって、ベーリーズシティーへ戻ってきた。ベーリーズシティーからグアテマラのフローレスへはグアテマラの旅行会社が出している直通バスがある。バスは午前と午後にあり午後の便には間に合う時間だったけど、私達は新しい土地に遅い時間に着くのはやめようと思っているので、おとなしくベーリーズシティーに泊まることにした。
 ベーリーズには中国人が多い。特にお店をやっているのは半分以上が中国人じゃないかと思うほど。なんでだろう?

 
8月31日(水) <キー・カーカー>
サン・ペドロの青空教会
 今日はホールチェーンという、ベーリーズのバリアリーフへのシュノーケリングツアーに参加した。ガイドさんは明るくていい人だったけど、ボートが屋根も何にもない小さいもので、移動中は日がもろに当って辛かった。また日に焼けてしまう・・・。
 バリアリーフは以前行ったタヒチでのシュノーケリングにはかなわないが、珊瑚はいっぱいあったし、魚もたくさん見れた。3箇所のポイントをまわって、最後はかなり深いところに行った。ガイドさんは5日前ここでマナティーを見たらしい。みんなで海の中でしばらく待っていたけど、今日はマナティーは見れなかった。残念。

8月30日(火) <チェトゥマル→ベーリーズシティー→キー・カーカー>
 11:45、ベーリーズシティー行きのバスに乗り込んだ。メキシコのバスとはうって変わって古いバスだったが、一応エアコンは効いていた。
 メキシコ出国時10US$払うと、ダブルエントリーというスタンプの押されたツーリストカードを返してくれて、再入国の祭に20US$払わなくてもいいらしい。私達は再入国しないのに払わされそうになって文句を言ったけど、再入国したい人にはお得だろう。
 再びバスに乗り、ベーリーズの入国事務所へ。ビザはその場で収得可能だったけど、ビザ代が25US$から50US$に上がっていた。事前にインターネットで情報を得ていたので戸惑わなかったけど、知らない人はこんなに値上がりしてビックリするだろうなと思う。高すぎるなぁ。


 


一番上に戻る