メキシコ 2
 
8月29日(月) <トゥルム→チェトゥマル>
 いよいよベーリーズに向かう。一気にベーリーズシティーまで行ってしまってもよかったんだけど、チェトマルに着いたときに次のベーリーズシティー行きが15:00発で、ベーリーズシティーには遅く着きたくないなと思い(もうちょっとタコスを食べていたい、と思ったのも事実)チェトゥマルで1泊することにした。
 チェトマルのホリデイインホテルの隣りの両替屋であまったメキシコペソをベーリーズドル(BZ$)に両替したのだが、なんと後日ここで両替した100BZ$札が偽札!?だったことが判明。闇両替でもないのに、こんなこともあるのかと、また1つ勉強になった。

 
8月28日(日) <トゥルム>  のち  のち 
トゥルム遺跡
 トゥルムにはビーチと一緒になったマヤの遺跡がある。マヤの遺跡はジャングルの中にあるものが多いので、これはなかなか珍しい。遺跡はチェチェンイツァーやパレンケの方が凄いし、ビーチはカンクンの方が綺麗だし、でどっちつかずのところではあったけど、まあそれなりに楽しめたかな。2時間くらいで、もう帰ろうという気にはなったけど。
 暇なので遺跡から40分くらいかけて町まで歩いて帰った。それでも暇なのでちょっとスペイン語を勉強してみた。もうちょっと話せるようになると楽しいんだけど、難しい。

8月27日(土) <カンクン→トゥルム>  のち  のち 
 キューバから帰って来て、まず思ったのがタコスが食べたい!っていうこと。もうずいぶん私達の体にトルティージャ(とうもろこしの粉を練って平たく伸ばして焼いたもの)主食の生活が染み付いているようだ。そこで、今日は朝からタコス。
 いつも通り快適なメキシコのバスADOに乗ってトゥルムへと向かった。歩き方にはトゥルムのバスターミナ周辺に安宿が並ぶって書いてあったけど、ちっとも並んでいない。2件あったうちの1つはドミトリーしか空いてなかったので、個室希望の私達は必然的にもう1つの宿に泊まることになった。


 


一番上に戻る